ル・クルーゼ(LE CREUSET・ルクルーゼ)

ル・クルーゼのマルミット

私の大好きなル・クルーゼです。

中でも見た目で一番気に入っているのがマルミットです。

ル・クルーゼのマルミットはシンプルなデザインの浅型両手鍋。

蓋に穴はありません。残念な事に今出回っているものがなくなったら終了なのでレアものですね。

形はもちろん可愛いのですが、やっぱり実力勝負です。

でも大丈夫。そこがル・クルーゼです。

別名スープポット呼ばれる事だけあってシチューなどを作ると野菜はほくほくで煮崩れもせず柔らかくしあげてくれます。

●マルミットの注意点

側面が緩やかにカーブしていますので、炒めやすく対流しやすくなっています。

滑らかなカーブの内側側面は炒め物などで混ぜやすいよう緩やかなカーブに作られています。

対流しやすいカーブなので、オニオンスープなど炒めたあとに煮るような料理に向いています。

マルミットは底の丸くなった部分が焦げやすいので注意してください。

そして調理器などにあたるマルミットの底が11cmと少ないので、電磁調理器の種類によっては使えない場合もあるそうです。

我が家のIHは問題なく調理できましたが・・・。

もし使えなかった場合でも、みんなでガスコンロを使った鍋パーティーなども可能です。

見た目がとても可愛いル・クルーゼなので、料理をそのままだしてもテーブルに映えます。

●カラーバリエーション

カラーのバリエーションはブルー、デューン、キーウィ、サテンブラック、チェリーレッド、コバルト、チェスナッツの7色。

●サイズ等

サイズ 容量 本体深さ 底径 重さ
22cm 2.6リットル 8cm 11cm 3.4kg


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼのココットロンド

ルクルーゼココットロンド

半世紀の間世界中で愛されているルクルーゼトラディションシリーズココットロンド。

使いやすさとベーシックなデザインが人気の丸型タイプ。

和食洋食の、煮込み料理を美味しく仕上げます。

【ルクルーゼの上手な使い方】

●使いはじめ

鍋などは、蓋などのツマミにゆるみがないかたしかめます。

ゆるんでいる時はしっかりゆるみをしめてください。

使用する時は鍋のふちなどのパッキンをはずして使用してください。

手作りなので、ホーローがけの際に色むらや気泡などの穴が多少ありますがご使用には影響ありません。

●普段

調理する時には、ホーローを長持ちさせ長くお使いいただくために、

金属製のツールを使うのは避けてください。

ホーローの光沢を持続させてさびの発生を防ぐため、洗ったらすぐに拭く事をおすすめします。

ホーローを保つため、空焚き、強火での調理は避けて下さい。

ホーローを痛める原因になるので、ナイフなどさきのとがったものでこするなどの事はしないで下さい。

取っ手が熱くなりますので、必ず鍋つかみをご使用下さい。

●焦げついたら

お湯をつけたあとスポンジと中性洗剤で洗ってください。

特にひどい場合は、水に重層を混ぜ弱火で煮てしばらく置きスポンジ
と中性洗剤で洗ってください。

●錆

お手入れ方法としてルクルーゼは傷がつくとその部分が錆やすくなってしますため、市販の錆取り剤でルクルーゼをこすり洗いしたあとサラダオイルなどを塗ると皮膜を形成する働きを持ってくれます。

ルクルーゼの錆に気付いたらお手入れしましょう。

ココットロンドは、直径16cmから26cmまで6種類の大きさがあり、お好みのサイズ、種類が選べます。

ココットロンドの基本カラーバリエーションは6色。フルーツグリーンが爽やかでお勧めです。

丸型の両手鍋はルクルーゼのホーロー鍋コレクションの一つです。

どんな料理にも使えて、特に煮物や揚げ物料理などに最適です。

ふんわりとした熱がお鍋全体にいきわたり、料理をおいしく仕上げてくれます。

ルクルーゼの中では一番人気のある形です。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーズのラムカンダムール

ルクルーゼランカンダムールはハート型のケーキを焼いてそのままプレゼントしても可愛い!

蓋をあけるとあら可愛いと驚かれる事まちがいなし。

蓋がついているので、チョコレートやキャンディなどのキャニスターとしてもお使いいただけます。

全6カラー、フルーツグリーンとディジョンイエローの新色も出ています。

サラダやデザートを入れる器にもできますし、蓋つきなので、お菓子の入れ物にしてもかわいいですよ。

キレイな箱にラッピングされているのでプレゼントにおすすめです。

内祝いやちょっとしたお返しに贈っても喜ばれます。

お客様の声
●みっちゃんさん・兵庫県西宮市
友人の出産祝いにルクルーゼランカンダムール蓋つきを贈りました。
友人は二人目の出産で二人とも男の子のため、子供用品はお下がりなどあるだろうしと、何を贈るか迷っていました。
そこで以前私がお祝いでいただいて大活躍したランカンを贈る事に決めました。
友人もとっても喜んでくれてよかったです。

●グルーミーさん・愛知県豊橋市
友人に結婚式のお祝いのお返しでルクルーゼのユーテンシルクロック スパチュラ・ラムカンダムールの蓋付きを贈りました。
商品が到着してからすぐ友人から連絡が来てその友人はルクルーゼの事を知らなかったみたいなのですが、すごい可愛い♪と、とても喜んでもらえました。
彼女はランカンダムールをサプリメント入れに使っているみたいです。


○ランカンダムール
標準価格・\1,300(税込)
容量・0.24L
直径×高さ・11cm×6cm
重量・0.3kg
カラー・オレンジ・レッド・ホワイト・ブルー・ディジョンイエロー・フルーツグリーン
○ラムカンダムールのフタ付き
標準価格・\2,000(税込)
容量・0.24L
直径×高さ・11cm×9cm
重量・0.5kg
カラー・オレンジ・レッド・ホワイト・ブルー・ディジョンイエロー・フルーツグリーン




| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼのソースパン

ここではルクルーゼソースパンについて紹介します。

フランスでも根強い人気を誇る片手鍋ルクルーゼソースパン。

ちょっとした温めなおしや煮物料理に最適です。

フランス生まれのブランドルクルーゼはおしゃれで機能的にできています。

熱伝導に優れていて、酸にも強い鋳物ホーローで、特殊3層ホーロー加工は繰り返し使っても臭いがつきません。

それに保温性、耐久性にも優れています。

厚手にできているのでむらなく火が回り、難しい火加減のソースやジャムなど、簡単に美味しく仕上がり料理の旨みを逃がしません。

直火・オーブン・電磁調理器にも対応しています。

ちょっと重く出来ている蓋も重みのおかげでふきこぼれにくくできています。

小さいサイズの片手鍋ソースパンは、温めなおしたりソースを作ったりするだけでなく、パーティーなどでのチーズフォンデュやリゾットなどにも活用できるから便利です。

オレンジ、チェリーレッドのポップなカラーのバリエーションを選べるのもうれしいですよね。

ルクルーゼは一点一点手作りで出来ているため微妙に色合いが違うのも手作りならではの味だと思います。

出来立ての鍋をそのままテーブルに出してもよし、キッチンに飾っておきたい可愛さです。

しかも野菜スープが15分で作れちゃうんです。

毎朝、野菜をたくさん入れたスープ料理をつくるのですが、火にかけて15分ほどで美味しく煮込んだ野菜スープの完成です。

片付けも楽だし可愛いしルクルーゼいうことなしですね。




タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼのグリル

ルクルーゼのグリル

ルクルーゼは、グルメの国フランスで生まれ世界中のレストランやご家庭で愛用されている鋳物ホーローウェアの逸品です。

●グリルロンド ブルー
半世紀以上ものあいだ、世界中のキッチンで愛用されているルクルーゼ・グリルロンド

深く作られた溝が油を落とす働きをしてくれ、熱回りが均等のためお肉やお魚がの最大限に美味しく引き立たせてくれるグリル・ロンド。

●焼き物料理に最適なグリル・ロンド
グリル・ロンドはハンバーグやムニエルなどの普段作るフライパン料理にもってこいです。

そしてそのままテーブルに運べるのでとっても便利です。

食材が持っている油を落とす働きをしてくれるソースパン。

●グリルは内面透明ホーロー加工
内面は、鉄の上から透明ホーロー加工が施されています。

樹脂加工のように消耗品ではありません。

ホーローのフライパンになります。
上手にキレイにお使いいただけると長持ちします。

○グリルの使い方
一番はじめに材料の水気は十分きっておいてください。

これは材料がくっついてしまうのをふせぐためです。

グリルの表面を充分に温めてから使用して下さい。

水を1滴たらしてすぐに蒸発したら大丈夫です。

(中火で1〜2分くらいが目安になります。ただし、熱しすぎて空焚きになってしまうのはご注意ください。調理中の火加減は弱〜中火で充分調理できます)


グリルの突起部分に食用油を薄く引いて、材料をのせて調理します。
裏面も同様に焼いてください。

もし材料がグリルから離れなくなったら、そのままもう少し焼いてから裏返してみて下さい。


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼのティーポット・ケトル

ルクルーゼのティーポット

ここではルクルーゼティーポットについて紹介していきたいと思います。

ルクルーゼティーポットは、丸みのあるフォルムで、心が安らぎホッとする演出をしてくれます。フィルター付きです。


●ルクルーゼは可愛いし見た目も人気だし機能性も高いのでとても重宝しています。

そろそろ今使っているやかんが壊れそうなので新しいやかんを購入しようと思っています。

なので、ルクルーゼのケトルを購入しようと探しに行ったのですが・・・

憧れのるクルーゼのケトル。すぐ手に入ると思っていたのですが、なかなか見つかりません。

ルクルーゼのケトルやティーポットはかなりの人気みたいですね。

日本では売ってないと思っていましたが、インターネットの通販やオークションに売っていました。

ルクルーゼケトルはスチールで本当に軽いので便利。
しかもハンドルロックがついているので、火にかけているとき倒れる恐れがありません。

さらに取っ手やノブにフェノール樹脂が使われているので熱くなりにくいです。

しかも口の部分が広く洗いやすい。

ルクルーゼのケトル、ティーポットの魅力は一つ一つが職人の手作りなのでどれも世界に1つだけなのです。

そんな人の温かさを感じるルクルーゼは魅力最高ですよね。

なぜ日本の店頭に置いていないかの理由は不ぞろいな感じが日本人の趣向に合わないからだそうで、店頭での販売を控えているそうです。
本当に残念です。。。

ル・クルーゼのティーポット
標準購入価格・\6,500(税込)
容量・0.5L
幅×高さ・19.5cm×11.5cm
重さ・0.66kg
カラー・レッド・ブルー・オレンジ・ホワイト


ルクルーゼケトルとは。

ルクルーゼのケトルは、素材がスチールでできているので、軽く使いやすいです。

ハンドルロックがついているので、火にかけている間ハンドルが倒れる心配がありません。

また、取っ手やノブにフェノール樹脂が使われているので、熱くなりにくく、口の部分が広がっているので洗いやすく清潔に保てます。

なによりも、しっかりした素材とエナメルが人気です。

そしてルクルーゼの最大の魅力は、かたどりや塗り加工などの最終仕上げを手作業で行っていることです。

そんな、人の温かさを感じるルクルーゼ。ひとつひとつに味わいを感じるルクルーゼなのです。

なぜ日本では店頭で売ってないのか?

ルクルーゼの魅力はなんといっても手作りであるところです。

でもそれゆえに、小さな突起や気泡があったり、色むらや色みの違いがあったりするのは当たり前のことなんですよね。

とくにケトル(やかん)はそれが顕著に表れているそうです。

そういう不ぞろいなところが日本の消費者に合わないため、店頭での販売を控えているらしいのです。

欧米や他の国などは、そういうことはまったく気にしないのでルクルーゼのケトルは普通に販売されているそうです。

しかしルクルーゼのケトルには注意が必要な点がります。
実はルクルーゼの商品は錆に弱いのです。

ほとんどのケトルは端のほうが錆てきます。

こまめに拭かなければほとんどのケトルは錆びてしまうそうです。

ケトルの端や吹き出し口のタオルが届きにくいところに比例して錆のつきやすさがあります。

ルクルーゼケトルを購入しようとお考えの方は輸入品ではなく日本の正規品を購入することをおすすめします。

輸入品は1000円ほど正規品より安いのですが錆の事を考えてこまめに拭かなければいけない事を考えると日本正規品の方が断然お勧めです。






| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼのスキレット

ル・クルーゼの製品をご案内していきます。


●ル・クルーゼ「スキレット」

炒め物、オーブン料理に便利なフライパン型タイプ。

オムレツやパンケーキつくりにピッタリのサイズスキレット。

ル・クルーゼのスキレットとは小型でフライパンの鍋の事を言います。

直径16cm、20cmと使いやすい小さいサイズなのでちょっとした炒め物や卵料理にぴったりです。

このちょうどいい大きさとムラのない均一な熱まわりで、本格的にスペイン風オムレツなどの難しい料理も簡単で美味しく仕上がります。

また、電源を選ばないのでもちろんオーブンでも調理可能です。

オーブンで調理し、そのままテーブルに出してもいけますし、見た目にも楽しく可愛い。

しかも熱まわりが良いので仕上がりがキレイでしかもおいしく温かく召し上がれます。

ル・クルーゼの鍋は電子レンジには唯一ご使用できませんが、直火、電磁調理器(IH)、ハロゲンヒーターはもちろんのこと、オーブンでもご使用になれます。

IH電磁調理器の場合、基本的には使用できますが、調理器のトッププレート面に当たる底の直径の広さ(鍋の外側の底で平らになっている部分の大きさ)が小さい製品は、調理器の仕様によって場合によってはお使いいただけないものもあります。

お客様が使用されている調理器の「底の使用可能直径」お確かになられてからご購入ください。

・スキレット
炒めもの、オーブン料理パンケーキなどちょっとした料理に便利なフライパン型タイプ。
直径・20cm
標準価格・\14,000(税込)
カラー・オレンジ・チェリーレッド・ブルー
重量・1.5kg



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

製品の手入れ方法について

ル・クルーゼお手入れ方法


ル・クルーゼのお手入れ方法の失敗談です。

大切に使おうと思って買ったル・クルーゼですが十分なリサーチもできず、いろんな失敗をした方もいるのではないでしょうか。

これから買おうと思っている方、ル・クルーゼが眠っていて今から使おうと思っている方。

そんな方々に役立つ情報になれたらうれしいです。

●付属の黒ピン●

ル・クルーゼのお鍋を購入した時についている蓋と鍋の間の黒ピン。

これから頻繁に使うのだから必要ないだろうと捨ててしまいました。

こんな方はいませんか?

実はこれ、大切な役目を果たすものなのです。

本体とフタに隙間を作ってくれ通気をよくしてサビ予防をしてくれる役目があるのです。

もし捨てたりなくしてしまった方はフキンなどを一枚間にはさんでサビ予防をしましょう。


●鍋のフチと蓋の裏の手入れ●

ル・クルーゼのお鍋をきれいに洗っても、見逃してしまう鍋のふちと蓋の裏側。

ここには注意して下さい。

鉄がむき出しになっている部分になります。

洗って水気を完全にふき取って終わり。。。

実は油を使うのです。

油を塗ってあげるとさび予防になるそうです。

もし手遅れなのでしたら、市販のサビ取り剤でお手入れしてから実践してみてください。

●漂白剤はタブー●

ルクルーゼに漂白剤はタブーなのです。

これもまったく知らない人が多いのではないでしょうか。

これ実はホーローの表面を削ってしまい光沢を失い傷めるらしいのです。

色ジミは使い込んでいくうちについてしまうものなので財産と思ってお使いくださいね。


折角の良い製品日頃のお手入れで長く使いたいですね。
タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼジャポン

ル・クルーゼジャポンでは日本の気候に合わせて商品を輸入していますので正規品をお使いになることをお薦めします。

日本市場用の品質基準

正規輸入品のル・クルーゼは、日本市場用に設けた厳しい品質基準をクリアした商品です。

手作りであるル・クルーゼにとっては、これはとても重要です。

ちなみに、2005年に発売されたル・クルーゼのケトルですが、日本用の品質基準にみたなかったので、ル・クルーゼ・ジャポンでは、販売休止になっています。


サビ止め加工

ル・クルーゼの鍋のふちは、ホーロー加工がされていません。

日本は湿気が多いため水分が残るとサビの原因になります。

このため日本市場用のル・クルーゼは、サビ止め加工が施されているのです。

それ以外にも、正規品のル・クルーゼには日本語の取扱説明書やカタログなどがついていてとても親切です。

世代を超えて長く使えるルク・ルーゼにとって、間違った使い方やお手入れは避けたいですものね。

やはり日本で使うなら、正規品のル・クルーゼをお薦めします。

あとフライパン倶楽部などでも取り扱っているル・クルーゼはすべて

日本の正規輸入代理店ル・クルーゼ・ジャポンの商品です。

ル・クルーゼの商品は、きれいな化粧箱に入っています。

また、ル・クルーゼを購入するとついてくる簡単なレシピ集、説明書も人気でギフト用としても最適です。

錆などができにくいコーティングを施した日本仕様であるタグもついています。(ココットロンド、ココットオーバル、ココットダムール、ソースパン、ビュッフェキャセロールだけですが)

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ル・クルーゼが出来るまで

○ル・クルーゼが出来るまで

ル・クルーゼのホーロー鍋の原料は、銑鉄、鉄(または再利用鉄)、コークスなどでできています。

鋳物ホーロー製品をつくるには凸凹2つの型が必要となってきます。

凹型は外側の形、凸型は内側の形を型取るのに使われるのです。

両方の型に挟まれた部分が鍋本体になる訳ですね。

金属製の型の中に砂を流し込んでルクルーゼの型は出来上がります。

2つの砂型を重ねて出来る隙間に1400度以上の高熱で溶かされた鉄とコークスを入れて、継ぎ目のない一体型の鋳物が作られます。

この作業がルクルーゼ鋳物を作るうえでもっとも重要な作業なのです。

全ての工程をコンピューターにコントロールしながらすすめられます。

その中でも1番重要視しているのが温度と流し込むタイミングだそうです。

流し込んだ鉄が冷めてきたら砂の型を割って中の鋳型を取り出し、崩した砂型はまた次の砂型に使用されます。

この時点で、全部のル・クルーゼ鋳物は熟練した職人によって入念にチェックされるそうです。

そして問題のある鋳物は、壊しもう1度1から作り直しします。

このチェックが終わると、機械と人間で2段階のクリーニング工程をし、滑らかなル・クルーゼ鋳物が出来上がるのです。

滑らかになったル・クルーゼの鋳物は、耐久性と保温性を高めるために、鍋の外側は2層以上のエナメルコーティング(ホーロー加工)が施されます。

まず1層目のベースコートは840度で焼き付けられ、2層目以降からカラーコートは800度で焼き付けられるそうです。

ル・クルーゼ鍋の内側もエナメル質のホーロー加工を施しています。

ですから煮物はもちろん、揚げ物、炒め物などどんな料理も美味しく仕上がるのです。

そして出来上がったル・クルーゼの商品は、最後に専任の担当者による厳しいチェックのもと箱づめされていきます。

いまでも熟練工の眼や手を使って1つ1つ手作業で行われている厳しい品質チェックを経て出来上がったル・クルーゼの商品は「一度ル・クルーゼを知るとル・クルーゼなしでは料理ができなくなる」と一流シェフも認めており世界中のレストランやご家庭で愛されつづけています。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ル・クルーゼ(LE CREUSET・ルクルーゼ) All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。